Topicsブログ

2020.06.19

メッセージ2

地球に存在している生物の中で「自分がなぜ存在するのか」「自分はどうして生まれてきたのか」ということを考えるのは人間だけではないでしょうか。

動物も植物もあらゆる生き物たちは「在る」ということに疑問を抱かず、自分の存在そのものを丸ごと受け止めているように感じます。そして、ただ生命のリズムに動かされて、自分を精いっぱい生きているように映ります。

私自身はどうなのか。ほぼ真逆だったように思います。自分が存在することが嫌でした。

自分の存在する意味を理解できませんでした。精いっぱい生きるなんて意味が分からない、できるなら今すぐ消えたいと、ずっと思って生きてきました。

今でも時々そのように思います。

今と昔とどう違うかといえば、どうせ消えられないなら、まーいいかと、思うままに生きてみたらいいやと、思います。さらに言うなら、自分を動かす何かに自分をゆだねてしまおうと思って、今、こうして会社の代表としてあります。

この世は実にシンプルなのだと教えてくれた人がいます。

真実は「単純、明解、矛盾がない」と。

私は、本当にそうなのかどうかを確かめてみたいと思います。

そして、「真実」というものの本質を理解した時、すべてが一瞬にして変わるのではないかと期待しています。

 

2020.06.05

メッセージ1(2020年6月5日)

ゼロパワー研究所株式会社を設立し、アッという間に1年が経過しました。ごたぶんに漏れず、新型コロナ感染症の様々な影響を受けておりますが、今だからこそ、当社製品が皆さんのお役に立てる時だと思います。

 新型コロナ感染症は人間社会をひっくり返すような、インパクトがあり、これまで「当たり前」と思っていたことができなくなったり、自分基準の「当たり前」が人を責めてしまったり、相手の「当たり前」によって責められたり。追い詰められる状況によってあぶり出てきた人間性がこれまでの人間関係をぎくしゃくさせたり、反対によくなったり。

 いずれにしても、「これからどう生活するのか」=「どのように生きるのか」、ということを考えさせられる日々です。

 思い切って自分が変わるチャンスであり、日々、自分を生き切ることでもって、新型コロナ感染症にかかってしまったら…、自分が感染源となってしまったら…という不安を払拭していくことができるのではないかと思います。

 ゼロパワー研究所では、その人が本来のその人らしく生きることをサポートする商品を次々と研究開発しています。自分が育ってきた家庭環境や学校環境で見失ってしまった自分自身、周りの目、周りの人の常識や評価基準に合わせてきたことで、自分が本当はどう生きたいのかわからなくなってしまっている人がたくさんいると思います。

 ストレスは自分を高めるための刺激となるよいストレスもあれば、自分の体や心を蝕んでしまうストレスがあります。人間の体は後者のストレスを受けることで歪みます。体に歪みを作り何らかの症状を作ることで、「自分の選択は間違っているよ、それは自分にとって問題だよ」と知らされているのです。

 ゼロパワー研究所の作るものは、まず、自分自身をマイナスのストレスを消し、体をリセットさせて、自分自身のセンサーがとらえた信号を認識しやすくします。自分本来にとってよいもの、OKなもの、そうでないものが分かる自分になるためです。

 人は人それぞれで求めているもの、必要なもの、OKなもの、プラスのもの、マイナスのものが違いますから、自分自身にとってどうなのかが分かるようになることが、自分の心身の健康を保つためには重要なことです。

 新型コロナ感染症にかかわらず、これからも未知のウィルスや病原菌というものに私たちは出会う運命にあると思います。しかし、太古の昔から自分の体を守るシステムを私たちは持っていますから、それが正常に働くようにしておくためにも、体の歪みがない状態を維持し、ストレスが蓄積してセンサーが鈍ってしまう状態を回避する必要があるでしょう。

 慢性痛がある人。間違いなく、自分にあっていないものを取り続けていたり、自分本来の生き方とは違うことをしていたり、ストレスが溜まりに溜まっている状態にあるということを体が教えてくれていますから、ぜひ、当社製品を試してみていただきたいです。

 気が付けば痛みが緩和していた、痛みがなくなっていた、ぐっすり眠れるようになった、なんかおかしいなと感じることが多くなった。

 これまでリラシオなどを使った人たちから感想をいただいています。

ぜひあなたも不思議体験をしてみてください。

月別のアーカイブ